« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月に作成された記事

2020年8月31日 (月)

西郡8家族への不当な架空請求を許すな

悪徳サラ金まがいの取り立て許すな!

市営住宅で家賃14万円の不当な架空請求を撤回せよ

西郡8家族に対して、八尾市から8月7日付けで、再び一人最高770万円の架空家賃請求書が送られてきた。許すことは出来ません。しかも今回は、40年前の団地入居のときに書いてもらった「保証人」にも請求すると脅してきたのです。その人が生きているかどうかも調べずに、送ってくるという無責任さです。まさに悪徳サラ金まがいのやり方だ。私たちは本当に腹の底からの怒りを抑えることは出来ません。
 8月26日(水)、8家族と西郡支部は、全国水平同盟高槻支部、八尾北医療センター労組、関西合同労組大阪東部支部、婦人民主クラブ、関西労組交流センターの仲間と共に、八尾市抗議闘争に立ち上がりました
P8260008

マイクを持って八尾市の不当請求弾劾の先頭に立つ8家族

P8260027

八尾市への抗議申し入れ
八尾市は、「滞納家賃」について、「家賃回収業務に係る共同事業体」を名のる弁護士事務所に丸投げし、弁護士から「請求書」が送られてきています。しかし一切の責任は八尾市にあるのだから、八尾市住宅管理課に抗議申し入れを行いました。一人最高770万円という架空家賃請求の撤回を迫ると共に、40年以上前の契約書の「保証人」に「催告する」=請求するという文言に抗議を行いました。8家族と久原西郡支部委員長、八尾北労組委員長、高槻支部の仲間は、「『保証人』はすでに5年前に亡くなっている、それを知っているのか、この人とその家族にも請求するというのか」という追求に、「亡くなった人には請求しない」と言うことを住宅管理課長に約束させました。架空家賃の請求の全面撤回には至りませんでしたが、重要な勝利でした。

以下、

 

抗議申し入れ書の全文をを掲載します。

ダウンロード - 2020e5b9b48e69c8826e697a5e68a97e8adb0e69687e5ae8ce68890e78988.pdf

 

                        抗 議 申 し 入 れ 書

 大松市長は応能応益家賃制度絶対反対で闘う8家族への不当な家賃請求を撤回せよ!
                             2020年8月26日
市長 大松 桂右  様
住宅管理課        様

                                                       全国水平同盟西郡支部
                                                             支部長 久原 正子
                                                               西郡8家族一同

 維新大松市長は8月7日付けで、応能応益家賃制度絶対反対で23年間闘いぬく8家族に「滞納家賃の請求」と言いなして、住んでいた団地の最高家賃の2倍(33棟に住んでいた人は月に14万円)の架空家賃数百万円を払えと再び送りつけてきました。絶対にゆるさない! 私たちは、2月19日の抗議申し入れから毎月1回、八尾北医療センター労組、八尾北命と健康を守る会、関西合同労組、たたかう仲間と共に計6回の抗議行動を闘いぬいてきました。コロナ感染の拡大で自粛が強要される中で、コロナに乗じて団結を破壊し、更なる民営化・更地化、非正規化、西郡つぶしをゆるさないと闘いぬいてきました。私たちのデモやビラをみて、なんの対策や保障もしない国や八尾市に対して、共に声を上げていこうと結集がはじまっています。
 そもそも8家族に滞納家賃などありませんん。従来家賃を供託して払っており、八尾市はすでにそれを全額引き出しているのです。 今までも郵便貯金や預金の差し押さえ、そして300人の機動隊を動員して住宅から追い出し、それでも屈しないと見るや300万円から770万円の不当な架空家賃をふっかけ、生きていくために不可欠な年金や給料を差し押さえようとしています。しかも今回は、払わなければ40年前に団地に入居するときに頼んだ保証人に催告する(請求する)と言ってきました。ふざけるな!住宅建設の経緯がわかっているのか!しかも、保証人が生きているかどうかも調べずに、無責任に言ってきました。まさに悪徳サラ金まがいの脅しだ!こんな弾圧で正義がつぶされてたまるか。安倍や維新の利権政治、腐敗に労働者の怒りが広がっています。私たちの団結に怖れる維新大松市長の不当弾圧です。怒りをさらに拡大し弾圧を粉砕することを宣言します。
 西郡の住宅は、部落差別による劣悪な住環境の中、先輩たちがムラを善くしようと東京や大阪に何度も足を運び、立ち退きにも協力し、みんなが安心して住めるようにと運動して建てた住宅です。何度も八尾市と交渉し一律低家賃で親子一緒に住めるように建てた住宅です。みんなの共有財産です。「住環境改善に協力して欲しい」、「団地の部屋を用意するから立ち退いて欲しい」と八尾市が頼んできたから、住んでいた家を立ちのき、団地に入ったのです。その約束をホゴにし、一度も住民との話し合いもなく、吉村前市議・解放同盟一部幹部との見返りと引き替えに一方的に応能応益家賃制度を導入してきたのが八尾市です。その結果世帯収入で家賃が決まるため若者は親と一緒に住めなくなり、若者を中心に1700人あまりがムラから追い出されました。家族がバラバラにされ、子どもは少なくなり、高齢者が取り残されているのです。こんな西郡にさせてはならないと住宅組合を結成し、八尾市の様々なウソと騙し、権力を使った脅しの弾圧に屈せず、23年間闘い続けてきたのです。
 維新大松市長は「新やお改革プラン」を打ち出し、前田中市政でできなかった八尾市丸ごとの民営化・更地化、職員の総非正規職化攻撃をやろうとしている。自分の責任でやると豪語している。そしてその攻防の突破口を西郡つぶしに据えて攻撃をかけてきているのです。「西郡は八尾市の中で市有地が一番多い」「団地は空き家が多い」「住民を集約して空き地をどんどん売り払っていく」「学校選択制を早く進めて桂中学校に行きたくない人は行かなくてもいいようにする」「桂小学校を桂中学校敷地内に移転」し、空いた土地を更地にして資本の金もうけに差し出す。「小学校の為の体育館やプールは作らない」と、西郡住民などどうなってもかまわない。解放運動で勝ちとってきたものなどどんどんつぶしていく、「ハレーションが起きるかもしれないが市長の責任でやる」(一ノ本八尾市経済政策課理事)と差別をあおって西郡の全面的更地化攻撃に出てきています。それに反対する者はゆるさないというのが8家族に対する見せしめ弾圧です。
 今コロナ感染の拡大によって、全国、全世界で労働者階級の生きさせろのたたかいが始まっています。医療崩壊はコロナのせいではありません。「命より金」=民営化・更地化の新自由主義政策の結果です。労働組合や解放運動をつぶし、一部の資本の金もうけのために民営化し、資本に売り飛ばし、労働者を酷使し、貧困に叩き込んできた結果です。保健所が減らされた結果、コロナに全く対応できず、多くの人が殺されています。
殺されてたまるか!生きさせろのたたかいがこれから始まります。私たちは、新自由主義の民営化・更地化の攻撃を打ち破り、西郡で戦後天然痘の蔓延と差別的隔離の中で、命を守るために診療所をつくり、住宅を勝ち取り、仕事を実力でたたかいとってきた解放運動の復権を労働組合と一体で勝ち取っていきます。
八尾北医療センター労組は7月15日、大松八尾市長に、「地域の病院・診療所をつぶすな!保健所を増やせ!公立・公的病院を増やせ!人員を増やせ!正規で雇え!市民の命を守るためにやれることはただちに実施してください。八尾北医療センターの土地・建物の家賃の免除をしてください。借入金の返済を猶予してください」と申し入れしてきました。しかしその返答は「医療提供体制の確保は国や都道府県が行うもの、市が独自に行うことではない。八尾北医療センターの家賃・返済猶予は応じられない」というまったく危機感も使命感も誠実さもない驚くべき内容でした。
  市民の命や生活に対して、なんの責任も持とうとせず、一部の資本の生き残りのためにさらなる民営化・更地化、そのための組合弾圧、解放運動弾圧に突き進む維新大松市政を許すことは出来ません。あらためて、労働者住民の命と生活を守ることを最優先する立場に立った市政運営を強く求めます。
 そして大松市長と住宅管理課は、住宅問題について、「家賃改修業務に係る共同事業体」という弁護士事務所に丸投げ、民間委託するのではなく、八尾市が最後まで主体的に責任を持ち、問題解決に当たることを強く求めます。
 八尾市大松市長は8家族への不当な家賃請求を撤回せよ。                 以上

P8260072 

 

 

 

 

|

2020年8月 8日 (土)

9月4日杉並支部大会

  全国水平同盟杉並支部第8回大会に結集を

  ◇9月4日(金)午後6時半~  
  ◇杉並区高井戸地域区民センター

 

杉並支部は7月25日、阿佐ヶ谷駅前で狭山街宣署名活動を行いました。

コロナ感染が連日200人を超え、再び拡大している中での街宣は、5,6月に続いてボードを掲げてのスタンディングアピールとなりました。
後藤裁判長の退官前の棄却を阻止した力で、新任の大野裁判長に再審開始を迫っていく第一弾の街宣です。
青年が署名したり、「まだやっているんだ」と言った年配の労働者がチラシに注目するなど、雨交じりの駅頭で狭山闘争への決起を呼びかけました。

 

2020725_20200808152401

2020725

2020725_20200808152501

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第8回杉並支部大会に参加しよう

 ◇9月4日(金)午後6時半~ 
 ◇杉並区高井戸地域区民センター

 

杉並支部は7月25日、阿佐ヶ谷駅前で狭山街宣署名活動を行いました

コロナ感染が連日200人を超え、再び拡大している中での街宣は、5,6月に続いてボードを掲げてのスタンディングアピールとなりました。
後藤裁判長の退官前の棄却を阻止した力で、新任の大野裁判長に再審開始を迫っていく第一弾の街宣です。
青年が署名したり、「まだやっているんだ」と言った年配の労働者がチラシに注目するなど、雨交じりの駅頭で狭山闘争への決起を呼びかけました。

2020725_20200808152401 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »