« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月に作成された記事

2020年9月28日 (月)

9月25日狭山東京高裁要請行動

三者協議直撃した9・25狭山東京高裁要請行動

9月25日、全国水平同盟と部落解放東日本解放共闘会議の仲間は、東京高裁要請行動に決起しました。退官した後藤眞理子裁判長から大野勝則裁判長に代わって初めての要請行動は、9月末に開かれるといわれていた44回目の三者協議の日と重なり、三者協議を直撃する闘いになりました。

20200925_134348_20200928190301

 
  午後2時からの裁判所内での要請行動において、最初に私たちは、訟廷管理官に対して、9月末に開かれるという三者協議が今日行われているのかどうか問いただしました、訟廷管理官は、わからない」とごまかそうとしましたが、「三者協議で協議すべき事は、下山鑑定の証拠調べの決定とその証拠調べの日程を決定することだ。いつまで石川一雄さんに「見えない手錠」をかけておくのだ!私たちは腹の底からの怒りを抑えることが出来ない。直ちに下山鑑定の証拠調べを行え」」、と追及しました。杉並支部、西郡支部、高槻支部、京都崇仁・東三条支部、東日本解放共闘の動労水戸、東京の各労組交流センタの仲間など9通の要請文と意見を述べ、大野裁判長に要請文と意見を伝えることを約束させました。

20200925_133447
  別途暴露しますが、大野裁判長は、後藤裁判長に代わって、菅政権と最高裁の意を受け、狭山再審棄却を狙って登場した反動裁判官です。改憲・戦争攻撃と一体で狭山再審棄却があることを見すえ、「直ちに下山鑑定で再審を行え」の声と運動を広げていきましょう。
 私たちの9・25東京高裁要請行動は、コロナ禍で東京高裁前に立てない石川一雄さんの思いを引き受け、小雨降る東京高裁前の街宣に決起、「下山鑑定で狭山再審を行え」というアピールを東京高裁と霞ヶ関に響かせました。この闘いが44回目の三者協議を直撃したのでした。

 

 6月18日の東京高裁要請行動が、後藤眞理子裁判長の退官前の三者協議を直撃し、退官前棄却を許さなかったように、大野裁判長との闘いにおいて、全国水平同盟と解放共闘、労働者階級が狭山闘争の先頭に立ち、下山鑑定の証拠調べで狭山再審を行え、改憲阻止闘争と一体で新たな狭山闘争の発展を切りひらいていきましょう。
 

P9250020_20200928181901

 

20200925_135036

  既に次回の要請行動も決定しています。寺尾判決46ヵ年糾弾闘争として、

 10月30日(金)に狭山要請行動を設定しています。ぜひ東京高裁前への結集をお願いします。
  10月30日(金)東京高裁要請行動
    午後1時~裁判所前街宣
         午後2時~要請行動

 この闘いと一つになって、

 寺尾判決46ヵ年糾弾!狭山第三次再審闘争勝利!
  ◇10月30日(金)全関西狭山闘争
            午後7時~ 中之島公園駅前広場(中之島中央公会堂前)
       集会後デモを行います

  ◇10月31日(土)都内一斉狭山街宣行動

この狭山闘争から11月1日(日)、東京・日比谷野外音楽堂でひらかれる全国労働者総決起闘争に連続決起していきましょう

2020111_20200928192301

 

闘う労働組合の再生をめざす
11・1全国労働者集会・
改憲阻止!1万人行進
 11月1日(日)正午開始
 東京・日比谷野外音楽堂
 呼びかけ/全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部、全国金属機械労組港合同、動労千葉、国鉄闘争全国運動、改憲・戦争阻止!大行進

 

 

|

2020年9月23日 (水)

9月25日狭山要請行動

9・25東京高裁狭山要請行動に決起しよう

石川さんは無実だ!下山鑑定で再審開始を!
裁判所前アピール行動&東京高裁要請行動

9月25日(金)午後1時~裁判所前アピール

      ・午後2時~東京高裁要請行動

9月25日、全国水平同盟は、部落解放東日本共闘会議の仲間と共に、東京高裁第4刑事部裁判長に大野勝則裁判官がかわって初めての要請行動を行います、皆さんぜひ集まって下さい。大野裁判長は、最高裁調査官、東京高裁判事、東京地裁裁所長代行、新潟地裁所長を歴任するなど裁判所のエリートコースを歩んできた裁判官です。
 9月末には、44回目の三者協議、大野裁判にかわって初めての三者協議が行われると言われています。
 寺尾無期判決が出された46年目の10月31日を前に、コロナ禍で、石川一雄さんが東京高裁前に立って訴えるのが厳しい中で、私たち一人一人が東京高裁前に立ち、寺尾判決糾弾!二つの下山鑑定の証人尋問・事実調べを行え!直ちに再審を行え!を大野裁判長に対して突きつけ、再審無罪勝利を切りひらいていきましょう。
 そして11月1日日比谷野音で開かれる全国労働者総決起集会に総決起しましょう。

P6185580

P6185572

 

|

2020年9月19日 (土)

外登法・入管法、民族差別を撃つ9・20関西集会・デモ

「9月20日外登法・入管法、民族差別を撃つ関西集会・デモ」に参加しよう

改憲・戦争反対!地域コミュニティ破壊とめよう!
生野地域学校統廃合絶対反対!
東大阪市は民族教育つぶしをやめろ!
労働組合・地域の団結破壊ねらう大阪都構想反対

 9月20日(日)午後2時開会
 大阪市立東成区民センター
  (地下鉄「今里」駅2番出口から3分)
  
集会後デモします  

外登法・入管法、民族差別を撃つ関西集会実行委員会
朝鮮戦争に反対する在日朝鮮人の会

Ksf__1_20200919233501

Ksf__2

|

2020年9月12日 (土)

星野絵画展

  八尾星野絵画展

絵画展は、9月5~6日八尾プリズムホール、7日から11日まで八尾北医療センター院内で行いました。

プリズムホール回廊ギャラリーでの展示と会議室でのビデオ上映は、コロナ禍での厳しい状況でした。開催中の駅前でのビラまきで参加者が広がり、星野さんの絵と暁子さんの詩は、大きな感動を呼びました。参加した青年は、アンケートに「沖縄でのデモと逮捕について、最近のことしか知らなかったが、40年以上も前に逮捕され、獄死した星野さんを初めて知って、このことがもっと広められなければいけないと思った。それを利用するのではなく、星野さんの願いが実現される世界にするべきだと思った。」と感想を書いていました。星野絵画展を通して星野さんの闘いが見るものに引き継がれ、広がっていくことをあらためて感じました。

20200906_151459

20200906_164502

八尾北医療センターの待合、廊下を使った展示では患者さんが熱心に見ていました。

20200911_100009

今後の星野絵画展は以下のスケジュールです。お近くの星野絵画展にご参加下さい。

◎9月13日~14日 大阪府豊中市星野絵画展
  豊中市すてっぷ5階 
視聴覚室
        
(阪急宝塚線・豊中駅西側エトレ豊中ビル内 ステップ)

  13日午後2時~午後8時
     14日午前9時~午後4時

◎9月18日~20日 東京都杉並区星野絵画展

  高井戸地域区民センター2階ギャラリー
  18日(金)は正午から
  19日(土)は午前10時~午後7時まで 
  20日(日)は午前10時~午後6時まで

 ◇9月19日星野暁子さん講演会
  
午後17時~
   会場 高井戸地域区民センター3F/第9集会室

|

2020年9月11日 (金)

9月13日(日)西郡支部労働相談とこんだん会

一人で悩まないで団結しよう

労働相談とこんだん会

 9月13日(日)午後2時~
  
八尾北医療センター待合

 

私は労働組合に入って闘い解雇撤回を勝ちとった

 私は製造業にて正社員で働いています。会社によって、コロナ不況を理由に不当な評価基準とリストラ基準を突きつけられ、達成不可能な課題を克服しなければ自己都合退職に追い込まれました。「これは死刑宣告だ!泣き寝入りはしたくない」と思い、全国水平同盟西支部と関西合同労組のビラを見て労働相談に行きました。退職強要撤回に向けて共に闘おう!と労働組合に入り、団体交渉によって解雇撤回を勝ちとりました。団結すれば勝てると確信しました。
 解雇や雇い止めなどで一人で悩んでいる人、一人で闘っている人、一緒に労働組合に入って闘いましょう。(西郡 A)

 「命よりも金」の新自由主義が破産し、安倍政権によって倒産、解雇、雇い止めが激しくまき起こっています。西郡のAさんもコロナを理由に会社から退職強要を受けました。しかしAさんは、西郡支部と関西合同労組に相談し、上記アピールのように組合に入って闘い解雇撤回を勝ちとりました。団結すれば勝利できます。一人で悩まず、こんだん会に参加し、団結して、解雇・雇い止めをはね返そう。
 安倍政権は、政治も体もぼろぼろになって行き詰まり、政権をまたも放棄し打倒された。代わって「安倍政権を引き継ぐ」と言って菅官房長官が首相になろうとしている。ふざけるな!安倍を支え、改憲・戦争を推進し、森友・加計・桜・IR・河井を生み出したのは菅自身だ!安倍もろとも菅も打倒しよう。今こそ労働者の怒りで、社会を変えよう。


 P8260048

西郡8家族に対して、八尾市から8月7日付けで、再び一人最高770万円の架空家賃請求書が送られてきた。許すことは出来ません。しかも今回は、40年前の団地入居のときに書いてもらった「保証人」にも請求すると脅してきたのです。その人がすでに5年前に亡くなっているにもかかわらず送ってくるという、まさに悪徳サラ金まがいのやり方だ。私たちは本当に腹の底からの怒りを抑えることは出来ません。

8家族に滞納家賃はない!

 8家族に「滞納家賃」などありません。8家族は応能応益家賃制度に反対し、家賃を法務局に供託して払っていた。その供託金を八尾市は2011年に全額引き出しているのです。しかも八尾市が言う「滞納家賃」というのは架空家賃だ。供託して闘っていたことに対する見せしめとして、住んでいた団地の最高家賃の二倍、33棟で14万円、35棟で9万円の家賃を払えと言ってきたのです。八尾市は不当請求を撤回せよ!

「亡くなった保証人に請求しない」

 8月26日、8家族と西郡支部、八尾北労組、共闘の労働者が、緊急抗議行動に立ち上がりました。
P8260071_20200911114201  八尾市住宅管理課に対して「亡くなった保証人とその家族にまで請求を行うな」「家賃回収の民間委託した弁護士任せにせ ず八尾市が責任をとれ」と厳しく追及。
 八尾市に「亡くなった保証人には請求しない」と確約させました。

大阪都構想と一体の団結破壊攻撃

西郡の診療所と団地は、戦後の労働運動の高揚と一体で解放運動を闘い、「差別による劣悪な住環境を改善せよ」と何度も東京に行って交渉し、自分たちの土地建物を提供して団地を建てさせました。応能応益家賃制度はこの解放運動と団結破壊の攻撃です。家族の収入合計で家賃を決めることで家賃を高くし、若者を追い出し、高齢化を進め団結と共同体を破壊、西郡を更地化する攻撃です。だから8家族は応能応益家賃絶対反対で闘ってきたのです。
P8260072_20200911114201

 今回の8家族への攻撃は、維新大松市長が進めている『新改革プラン』による現業民営化と職員の総非正規職化、労働組合破壊。学校選択制導入による教育と地域破壊の攻撃の一環です。この攻撃こそ安倍政権が進める改憲・戦争攻撃と一体の攻撃です。大阪市・府で進める「都構想」と一体の攻撃です八尾北労組を軸に8家族を先頭に架空家賃請求撤回!桂中学校つぶす学校選択制反対!維新大松市政打倒めざして闘おう。

 

 

|

西郡支部こんだん会

西郡支部-労働相談と懇談会に参加しよう

 *9月13日(日)午後2時~

 *八尾北医療センター待合 

 

20209__1

20209__2

|

2020年9月 9日 (水)

狭山東京高裁要請行動

    9・25狭山東京高裁前街宣&要請行動に立ち上がろう

狭山の担当裁判長が後藤眞理子裁判長から大野勝則裁判長に替わりました。第3次再審で9人目の裁判官です。石川一雄さんの無実は下山鑑定で明らかです。権力犯罪を弾劾し、大野裁判長に鑑定人尋問・事実調べを行わせ、ただちに再審開始をかち取りましょう!

石川さんは無実だ!下山鑑定で再審開始を!
裁判所前アピール行動&東京高裁要請行動

9月25日(金)午後1時~東京高裁前アピール

      ・午後2時~東京高裁要請業動

呼びかけ 全国水平同盟 部落解放東日本共闘会議

P61855764
 6月18日東京高裁前で街宣を行い東京高裁要請行動に決起

 

 

|

2020年9月 4日 (金)

2020年9月5日~11日八尾星野文昭絵画展

無実で獄中44年 星野文昭さんの獄死・・国家犯罪を許さない

9月5日~9月11日八尾星野文昭絵画展

 ◇9月5日(土)~6日(日) 10時~20時
        八尾プリズムホール・回廊ギャラリー/会議室3
             (八尾市光町2丁目40番地  近鉄八尾駅から高架に沿って東へ徒歩3分)
   「会議室3」では星野文昭さん追悼のDVD上映

 ◇9月7日(月)~11日(金) 
   八尾北医療センター院内に展示。診察時間内見ることが出来ます。

Jpeg__12

 

■労働者・市民の団結の力で星野さんの再審無罪を!
 昨年5月30日、無実を訴えていた星野文昭さんが、国家権力によって虐殺されました。星野さんは、獄中44年、再審を目ざして不屈に闘いぬいていました。
 一昨年、徳島刑務所に収監されて30年が経ち、四国更生保護委員会に仮釈放の申請に起ちあがりました。全国各地で行われた絵画展及び仮釈放要望書運動で、多くの市民の賛同が寄せられ、国家権力への怒りがまき起こりました。これに追いつめられた国は、星野さんのガンを隠し、まともな検査や治療もせずに、死に追いやりました。ガンを知りながら隠した徳島刑務所、不十分な設備と技術しか無いのに手術を強行し、手術後星野さんを放置し、危篤そして死なせた東日本矯正医療センターを、絶対に許せません。
 私たちは、獄中結婚した妻・暁子さんと兄弟を先頭に、国家賠償請求訴訟で星野さんの死の真相を明らかにし、責任をとらせ、星野さんの再審無罪を勝ちとります。星野さんといっしょに沖縄闘争を闘い、不当逮捕された大坂正明さんの裁判を星野再審闘争と一体でたたかい、勝利をかちとりましょう。

■「命より金」の新自由主義と安倍政権を今すぐ倒そう 
 星野さんは、暁子さんへの愛、そして平和な沖縄・広島・長崎・福島の反戦・反核、「人間が人間らしく生きる世界」を目ざして、獄中で約200点の絵画を描き上げました。星野さんが闘った沖縄の闘いは、今も脈々と続いています。 県民投票で示された辺野古新基地建設反対の意志を踏みにじり、政府は工事を強行しています。辺野古住民は、「命どう宝」(ぬちどうたから)を掲げ、連日、座り込み、工事車両阻止を闘っています。
 今のコロナ危機は、「命よりも金」の新自由主義の破産した姿です。安倍政権は、保健所を減らしたあげく、コロナ病床を設置した大病院が赤字に転落、小さな診療所は患者が減って、倒産の危機という本末転倒なことが起こっても何もしません。世界では医療労働者が「医療物資を十分に確保せよ、医療労働者を守る物資をよこせ」と訴えてストライキで闘っています。
 日本でも千葉の病院でストライキが闘われ、地元八尾では、毎年院内で星野絵画展をおこなっている八尾北医療センター労働組合が、「地域の診療所・病院をつぶすな」、「八尾市は市民の生活を守るため、最大限やれることを実施せよ」と八尾市に申し入れを行いました。

 9月5~6日(プリズムホール)、7日~11日(八尾北医療センター)の絵画展にぜひご参加ください。

 

|

2020年9月 2日 (水)

全国水平同盟杉並支部第8回大会

全国水平同盟杉並支部第8回大会に参加しよう

日時 9月4日(金)午後6時半~
場所 杉並区高井戸地域区民センター
    杉並区高井戸東3-7-5 井の頭線高井戸駅下車3分

              _

    基調講演「部落解放闘争と労働者階級」
    平沼和典さん(全国水平同盟事務局長)

 

全国水平同盟杉並支部は、来る9月4日(金)、第8回大会を開催します。大会への参加を訴えます。
 全世界で新自由主義が生み出したコロナ禍への怒りがまき起こっています。アメリカでの黒人虐殺への怒りも、新自由主義の下で露わになった差別と分断に反対する闘いとして世界中に広がっています。日本でも、安倍政権への怒りの決起が始まっています。追い詰められた安倍は、ますます腐敗を深めながら、「敵地攻撃能力」を叫び、戦争と改憲に突き進んでいます。いよいよ安倍打倒のチャンスの到来です。関西生コン支部弾圧や団結破壊の攻撃に抗して、武建一委員長を奪還した関生支部をはじめ、国鉄で、医療の現場で、労働者の団結した闘いが開始されています。これらの闘いを先頭に、職場、地域から闘っていきましょう。
 全国水平同盟は、去る7月19日第9回大会を開催し、コロナ情勢の下での闘いの課題を鮮明にし、闘いの方針を確立しました。コロナ危機は革命情勢を引き寄せているという時代認識や、私たちの部落解放運動の原点である西郡の戦後の天然痘との闘いを今日的にコロナとの闘いとして実践していること、この情勢の中で労働組合の重要性、そして狭山闘争の決定的位置について再度確認し、勝利の路線を明らかにして大成功をかち取りました。
 私たち杉並支部は、昨年来、狭山闘争に全力をあげて闘ってきました。6月24日の東京高裁・後藤眞理子裁判長の退官を前にして、コロナ自粛を打ち破り、部落解放東日本共闘会議の仲間と共に、東京高裁に対して「下山鑑定で直ちに再審を行え!」と、今年1月から連続して要請行動に決起しました。3月には全国闘争として東京高裁包囲デモを貫徹し、5月22日、23日には、東京高裁要請行動とともに都内4カ所一斉狭山街宣を打ち抜きました。そして、6月18日の緊急狭山東京高裁行動では、三者協議を直撃し、後藤裁判長を追い詰めました。
 この後藤裁判長の退官前棄却攻撃を阻止した6ヶ月の闘いは、あらためて狭山闘争の勝利に責任をとれるのは、私たちであることをはっきり示しました。新しく着任した大野勝則裁判長は、最高裁が狭山再審棄却のために送り込んできた裁判官です。改憲阻止!安倍打倒の闘いとして狭山闘争を闘い、下山鑑定の事実調べ、第三次再審闘争勝利をきりひらいていきましょう。
 私たちは、いまコロナ禍で起こっている解雇・生活破壊と闘い、雇用と生活を守るために、職場・地域で、非正規職化反対・民営化反対で、労働組合を軸に団結して闘っていきます。また、狭山闘争の勝利へ、下山鑑定を武器に権力犯罪を弾劾し、事実調べ・再審を絶対にかち取っていきます。職場、地域で改憲・戦争阻止・大行進運動を進めましょう。東京・関東に水平同盟の旗を立てるために共に闘いましょう。
 杉並支部第8回大会への結集を心から訴えます。また、大会へメッセージをお願いします。

案内状ダウンロード - e585a8e59bbde6b0b4e5b9b3e5908ce79b9fe69d89e4b8a6e694afe983a8e7acacefbc98e59b9ee5a4a7e4bc9ae381aee38194e6a188e58685.pdf

 

 

2020522-079_20200902095501

2020年5月22日、東京高裁前での街宣と要請行動の先頭に立つ杉並支部

83_20200902101701
改憲・戦争阻止!大行進運動の先頭に立つ杉並支部

 

|

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »