« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月に作成された記事

2021年8月29日 (日)

全国水平同盟杉並支部第ご案内

全国水平同盟杉並支部第9回大会に結集を

 全国水平同盟杉並支部は、9月11日(土)、第9回大会を開催します。大会への参加を呼びかけます。
 戦争と抑圧、差別と分断の歴史である資本主義が崩壊の危機に陥っています。全世界を覆うコロナ危機は新自由主義の破綻をあらわにし、世界で400万人以上の死者を生みだしました。さらに米中対立の激化が、戦争の危機を促進しています。
 その中で、菅政権は五輪を強行し、コロナ感染爆発と医療崩壊を拡大し、無数の人々の命を奪っています。内閣支持率は20%台に落ち込みました。菅政権は、危機を深めながら、ますます戦争と改憲に突き進んでいます。先の通常国会では、改憲国民投票法、デジタル監視法、重要土地規制法などの戦争法案の成立を強行しました。「台湾有事」で日米の軍事訓練が激化し、自衛隊の侵略軍隊化が進んでいます。まさに中国侵略戦争への道です。
 しかし、医療、福祉労働者を先頭にした五輪反対の闘い、ヒロシマ・ナガサキの被爆者の菅の核政策に対する抗議、コロナ禍で感染者に死を強制する菅政権への怒りの広がりなど、澎湃と労働者民衆の怒りの決起が始まっています。そして、その先頭には、「労組なき社会」と闘う動労千葉、労組破壊の大弾圧と闘う関西生コン支部などの階級的労働運動がたっています。全国水平同盟杉並支部は、この闘いと固く団結して、菅政権打倒へ共に闘っていきます。

2020

全国水平同盟は、去る7月18日第10回大会を開催し、コロナ情勢の下での更地化との闘い、労組建設、狭山闘争の三つの闘いの方針を討論で深め、発展の展望を掴みました。階級的労働運動と一体で部落解放闘争に勝利する路線を明らかにして、大成功をかち取りました。

 私たちは、昨年、東京高裁・後藤眞理子裁判長の退官を前にした、狭山再審棄却策動を阻止しました。しかし、代わって登場した大野勝則裁判長は、菅政権が狭山再審棄却のために送り込んできた裁判官であり、いま、狭山闘争は最大の決戦局面を迎えています。私たちは、今次杉並大会を、改憲と戦争の菅政権打倒の闘いとして、狭山第三次再審闘争勝利に向けて、今秋の狭山決戦の戦闘宣言を発する場としてをかちとっていく決意です。
 寺尾判決47ヵ年を糾弾し、再審実現へ10・31狭山闘争の大昂揚をかちとりましょう。そして、闘う労働組合の再生をめざす11.7労働者集会へ結集しましょう。
 私たちは、いまコロナ禍で起こっている解雇・生活破壊と闘い、雇用と生活を守るために、職場・地域で、非正規職化反対・民営化反対で、労働組合を軸に団結して闘っていきます。また、狭山闘争の勝利へ、下山鑑定を武器に権力犯罪を弾劾し、事実調べ・再審を絶対にかち取っていきます。東京・関東に水平同盟の旗を立てるために共に闘いましょう。
 杉並支部第9回大会への結集を心から訴えます。また、大会へメッセージをお願いします。(写真は第8回杉並支部大会)
 
日時 9月11日(土)午後6時20分開場 
          午後6時半~8時
場所 杉並区産業商工会館(クリックすれば地図が出ます)

    杉並区阿佐ヶ谷南3-2-19   

    JR阿佐ヶ谷駅南口徒歩5分 地下鉄丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅徒歩4分

 

| | コメント (0)

2021年8月 4日 (水)

8・6ヒロシマ-8・9ナガサキ

改憲戦争阻止!今こそ8・6ヒロシマに立ち上がろう

被爆76周年/新たな核戦争と改憲を止めよう!
私たち99%の未来をつくる反戦・反核・反被ばく
8・6ヒロシマ大行動
■8月6日(金)
 午前7時15分 原爆ドーム前
 8・6ヒロシマアピール集会
 8時15分 黙とう後、菅首相弾劾デモ
 午後0時30分
 8・6ヒロシマ大集会(広島県立総合体育館小アリーナ)
 3時
 ヒロシマ大行進
 主催 8・6ヒロシマ大行動実行委員会

P8060323

P80605962
(写真は昨年の8・6ヒロシマ闘争)

【関連行事】
■8月5日(木)
 午後2時 講演会「核なき世界をヒロシマから」
 堀江壮さん(被爆者、伊方差止訴訟原告)
 4時 青年・学生集会
 6時30分 講演会「広島原爆における内部被曝」
 大瀧慈さん(黒い雨訴訟原告側証人、 広島大学名誉教授)
 ※会場はいずれも東区民文化センター

被爆76周年/核兵器と原発、改憲に反対する
8・9長崎反戦反核闘争
■8月9日(月・休)
 午前9時15分 爆心地デモ 城栄公園集合
 午後2時 反戦反核集会 長崎勤労福祉会館
 主催 NAZENナガサキ

 

| | コメント (0)

2021年8月 3日 (火)

8月8日地域医療交流会

 8月8日地域医療交流会 

 に参加しよう

●8月8日(日)18:00
●天王寺区民センター
 地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ケ丘駅2出口から徒歩2分


講演・パネラー
 ◇本田 宏医師
 ◇末光道正医師(八尾北医療センター院長)
 ◇村山裕子(高槻医療福祉労働組合委員長)

主催■ 地域医療交流会
 問い合わせ先■八尾北医療センター労働組合
 〒581-0823 大阪府八尾市桂町6-18-1
 TEL072-999-3555 ●FAX 072-991-5693
 Eメール yaokitarouso@yahoo.co.jp


遺伝子ワクチンではなく公的医療の拡充を

●大阪府に申し入れを行いました
 4月21日、八尾北医療センター労働組合や高槻医療福祉労働組合など、長年にわたり地域医療に携わってきた医療関係者でつくる「地域医療交流会」が、大阪府・吉村洋文知事に対し、「遺伝子ワクチンではなく公的医療の拡充を! 新型コロナウイルス感染症に係る申入書」の提出行動を行いました。
 コロナ感染爆発をつくり出したのは菅首相や維新・吉村知事です。国鉄分割・民営化以来40年に及ぶ民営化・外注化、非正規化と差別分断によって医療・保健予防・感染症対策をすべて奪ってきたのです。もう我慢できない。この日、大阪府庁前に労組旗を林立させ、2019年に結成した地域医療交流会が公然と登場しました。
P42101483_20210803170201


●地域医療交流会とは
 戦後革命の息吹の中、1950~52年、京都西陣で、大阪・高槻市富田で、八尾市西郡で相次いで住民が立ち上がって診療所を建設しました。その三つの診療所の関係者と労働組合、共鳴する医療従事者で結成したのが地域医療交流会です。約2年間、新自由主義の医療破壊と対決する労働組合の重要さ、労組と住民の団結の大切さを議論してきました。
 八尾市西郡では、トラコーマの治療、ハエの駆除、ごみ消毒、共同浴場、赤痢予防活動、60年代には労働組合、保健師との共同闘争で上下水道設置、ポリオワクチンなど、生きるために団結して闘いました。新自由主義40年を経て闘いは私たちに受け継がれ、コロナの検査と治療(につなげる)を行っています。

●団結して命を守ろう
 この社会を変えたい!と新たな団結と闘いが始まっています。オリンピックの強行、「ワクチンを打たなければ非国民」のような国家総動員体制が敷かれ、改憲・戦争のための超反動法が国会で成立するという情勢の中で、地域医療交流会の役割は重要です。医療・介護労働者の団結した行動を呼びかけていきたいと思います。8・8地域医療交流集会にぜひご参加ください。


 

 

__1_20210803153601

__2_20210803153601

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »