« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月に作成された記事

2021年9月30日 (木)

10・3三里塚闘争

市東さん農地を守ろう!
空港機能強化粉砕!
改憲・戦争阻止!

10・3三里塚全国集会へ

10月3日(日)

    12時~集会
   14時半~デモ
   会場:成田市栗山公園

2021103

全国水平同盟第10回大会での三里塚決議を掲載します
三里塚・強制執行を阻止し、市東さんの農地を守る決議
 
 6月8日、最高裁は、三里塚芝山連合空港反対同盟の市東孝雄さんの農地をめぐる請求異議裁判で上告を棄却する決定を出しました。昨年の高裁判決から半年、弁護団の上告理由書をろくに読まず、成田空港会社(NAA)の違憲・違法に目をつむり、市東さんの農地取り上げ強制執行にお墨付きを与えたのです。断じて許すことはできません。
 反対同盟は、ただちに弾劾声明を発し、「強制収用実力阻止態勢を強化・拡大し、一丸となって決起することを宣言」しました。反対同盟の強制執行実力阻止の闘いの呼びかけに応え、共に立ち上がり市東さんの農地を守りましょう。
 国とNAAがやろうとしているのは、かつてと同じように、空港反対の農民を追い出し、命を奪った歴史を繰り返そうというものです。法の下で国家が強制執行の暴力を強行するならば、労働者・民衆の法を超えた団結力でもって迎え撃ちましょう。「国益」と称した国家暴力に対し、今こそ三里塚が55年にわたって培ってきた労働者・民衆の実力闘争の力を見せつけましょう。
 コロナパンデミックで航空需要は、はじけ飛び、昨年度の成田空港の利用者数は前年度比でわずか8%で、成田は今や廃港寸前です。最高裁がなんと言おうと、農地取り上げ強制執行の緊急性、必要性、正義性は微塵もありません。強制執行で、親子3代で100年も耕す肥沃な農地を奪い、営農を破壊することなど絶対に許してはなりません。
 菅政権は、米バイデン政権と一緒になって、「対中国侵略戦争」への本格的準備を加速させています。激増する日米共同訓練や今国会での相次ぐ反動立法の制定など、戦争情勢は新たな段階に突入しています。全世界で空港の整理縮小が始まっている中で、成田を軍事以外の目的で拡張する理由など存在しないのです。国家権力は三里塚闘争をつぶさなければ改憲・戦争に一歩も前に進めないという状況に追いつめられているのです。軍事空港粉砕を掲げ、反戦・反権力の砦として実力闘争を貫いてきた三里塚闘争と固く連帯して、改憲・戦争を阻止しましょう。
 市東さんは、体を張って空港絶対反対を貫きながら、野菜を作り全国の消費者に送り届け、農地を日々守り抜いてきました。金や暴力による恫喝に微動だにせず、農民としての生き方を貫いています。市東さん、反対同盟とともに「農地死守・実力闘争」で強制執行を阻止しましょう!
 臨戦態勢で強制執行攻撃に立ち向かう三里塚の闘いを、。三里塚の新DVDの上映会でもう一度全国に広めましょう。改憲・戦争と一体の成田空港の機能強化=第3滑走路建設を粉砕し、市東さんの農地を守りぬこう!
 10月3日の三里塚全国総決起集会に結集しましょう!
 
 右、決議する。                         2021年7月18日
 
                                                全国水平同盟第10回大会参加者一同

 

三里塚芝山連合空港反対同盟の招請状

全国の闘う仲間の皆さん。私たちは来る10月3日、市東さんの農地を守る決意も新たに全国総決起集会を開催します。
 市東さんの農地をめぐる請求異議裁判で、最高裁第三小法廷(長嶺安政裁判長)は、6月8日付で上告を棄却する決定を下ろしました。強制執行の違憲性、不当性を不問に付し、成田空港会社(NAA)による農地取り上げ強制執行にお墨付きを与えたのです。
 断じて許すことはできませんが、私たちはすでに「何があろうとこの地で畑を耕し続ける」という市東さんの決意を共有し、4月1日から「農地死守」の強制執行実力阻止態勢をとっています。
 他方、判決から2カ月あまりが過ぎてなお、NAAは市東さんの農地に何ら手を出すことができません。市東さんの農地を奪う緊急性も必要性もないことの証(あかし)です。新型コロナウイルスの感染拡大で破綻(はたん)の危機に瀕するNAAが、市東さんの農地を奪う理由などどこにもありません。
 「来るなら来い!」 私たちは闘いの正義を確信し、強制執行攻撃を迎え撃ちます。天神峰現地への結集を強化し、あらためて強制執行を許さない陣形を拡大し、NAAを包囲していきましょう。10・3集会はそのための総決起集会です。
 成田空港の破綻的状況にもかかわらず、千葉県は空港周辺9市町を対象に国家戦略特区に向けた提案を行いました。空港機能強化のためとして農地を奪い、物流基地を造り、巨大な交通網を造ろうというのです。自然破壊、農業破壊を極限まで推し進め、その先に軍事空港化をねらうものに他なりません。相川勝重芝山町長の会場貸出拒否をとことん追及し、怒りの決起が拡大する地域住民との連帯を深め、空港機能強化を白紙撤回させましょう。
 菅政権はオリンピック・パラリンピックを強行して新型コロナ第5波の感染爆発を引き起こし、労働者民衆に犠牲を押しつけて命を奪っています。さらには新型コロナを奇貨として戦争のできる国へと憲法改悪をねらい、私たちの権利を踏みにじる強権支配を強めています。
 今こそ怒りを解き放って闘う時です。世界中で労働者民衆が歴史を画する闘いを開始するなかで、日本でも強権政治に怒りの実力決起が巻き起こっています。
 こうした決起と、「不屈非妥協」「実力闘争」を先達から引き継いで55年、今も「国策」と真っ向から闘い続ける三里塚が結びつくことこそ未来を切り拓く力です。
 そして私たちと動労千葉・関西生コン支部をはじめとした闘う労働組合、「帰還」強制攻撃と闘う福島、辺野古新基地建設と闘う沖縄など菅政権と最も鋭く闘う勢力が一堂に会する10・3集会こそ、菅政権打倒の総決起集会です。
 労働者、農民、住民・市民、学生、あらゆる闘う皆さんの参加を呼びかけます。民衆の団結した力で政治を変え、社会を変えましょう。
 10・3全国総決起集会にぜひお集まり下さい。
 2021年8月26日

| | コメント (0)

2021年9月26日 (日)

9月26日「棘2」上映と北摂労働者集会

労働組合破壊は戦争への道

連帯労働組合関生支部への弾圧を許さない

9.26北摂集会

◆9月26日 13時30分 「棘」上映

   15時    集会開始 
   16時    デモ出発

◆会場:茨木市福祉文化会館

◆関西生コン支部委員長ドキュメンタリー「棘2」上映

主催/北摂労働者集会実行委員会

Photo_20210926014601

Photo_20210926014602

 

 

 

みんぞくztsf

| | コメント (0)

2021年9月15日 (水)

八尾市申し入れ行動

9月15日八尾市申し入れ行動に結集を

午後3時30分 八尾市役所前で申し入れ行動

  4時5分  市役所前「本町2丁目公園」からデモ

20219

20219_20210915070701

コロナ感染爆発の今こそ発熱外来用プレハブが必要だ

全国的な感染爆発の下で、八尾市でも多いときは一日95人のコロナ感染者がでています。家族、友人、知人に感染者が出てる状況で、西郡住民にとって八尾北医療センターで、直ちに検査ができることがどれだけ心強いことか。地域住民の命を守るために必死の努力で発熱外来用テントを維持したり、高温のテントのなかで検査をやるために医師や看護師さんが熱中症で倒れかけたことを聞くと、プレハブを許可しなかった八尾市・大松市長への腹の底からの怒りを抑えることはできません。「この場所に必要ない」と言った差別暴言を絶対に許すことはできません。
 八尾北医療センターは西郡住民の命と健康の寄る辺です。「この場所にプレハブは必要ないとはどういうことや!」「西郡住民は死ねということやな」、「これは西郡住民に対する差別や」、「70年前の天然痘の時と同じや」。西郡住民の怒りの声が広がり、私たちが呼びかけた「大松市長の謝罪と辞任を要求する」署名は、500筆を超えています。

「この場所に必要ない」は、悪質な差別発言だ!

 今から74年前、西郡では天然痘が流行りました。このとき八尾市は、差別によって、警察権力を使って西郡住民を隔離しただけでした。住民は狭い地域に閉じ込められて感染を拡大し、医療も受けられず、子どもを中心に200人以上の住民が亡くなりました。 またかって八尾市は、上下水道の工事を萱振で止め、西郡の劣悪な環境を放置していた。このため赤痢で多くの住民が亡くなりました。いま八尾市がやっていることは、意識的に差別と分断をおあり、八尾北医療センターをつぶし、西郡住民の命と団結をつぶそうという意味では、この時以上の悪質な部落差別です。断じて許すことはできません。かって市役所に行ったり宣念寺で八尾市を追及したように、みんなで声を上げ、行動に立ち上がろう。

西郡つぶしを許すな!

 いま大松市長は、西郡をつぶそうとしています。14棟~18棟の建替を口実に西郡住民を北の端に追いやり、中心部を更地化し大資本に売り渡そうとしています。
 また差別をあおって学校選択制を導入し、桂中学校をつぶそうとしてます。
 発熱外来用プレハブの不許可や八尾北医療センターをつぶそうとする攻撃もすべて一体の攻撃です。これこそ菅や維新が進める、戦争に向けて差別をあおって組合や地域の団結を破壊する改憲攻撃です。維新大松市長の勝手にはさせないぞ!
 9月15日、人権政策課への申し入れに行き、大松市長の謝罪と辞任、プレハブの許可を要求しよう。八尾市包囲デモに立ち上がろう。

署名回りで寄せられた声-団結して声を上げよう


◎大松市長が言ってるのは差別だと思う。全ての命が大事。体調がよければ狭山学習会 に参加してみたい。

◎私は子どもの時に天然痘にかかったアトがあるんや。昔、ムラに医者がいなかった。 地域医療がなかったから天然痘であれだけの人が亡くなった。ムラの人、診療所をつ くり診療所を守るのにどれだけ苦労してきたか。大松市長の『この場所にいらない』 は八尾北医療センターをつぶしたいからや。自分はいま元気だから、八尾北に行って ないが、つぶしたらあかん
◎「ここにいらない大松発言は、それはないわな。八尾北つぶしたらあかん」。署名を回 してくれると言うので署名用紙を10枚渡した。
◎大松になって、あかん。住み替えで、住宅出るとき、きれいにして出て行けとか、つ けた風呂をとり、タタミも代えて、出て行けと言ってきた。怒っている。
◎テントは知ってる。差別よくない。私らどうなってもいいと言うことやね。 今スー パーで働いてる。時間が合えばこんだん会に行く。
◎八尾北医療センターの患者ではない。八尾北の方に行かないのでテントが立っている ことは知らない。プレハブを建てさせないのはおかしいから署名する。

| | コメント (0)

2021年9月11日 (土)

杉並支部大会に参加しよう

9月11日杉並支部大会

9月11日(土)午後6時20分開場 

          午後6時半~8時
場所 杉並区産業商工会館(クリックすれば地図が出ます)

    杉並区阿佐ヶ谷南3-2-19   

    JR阿佐ヶ谷駅南口徒歩5分 地下鉄丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅徒歩4分

| | コメント (0)

2021年9月 4日 (土)

9・5自衛隊中東派兵阻止舞鶴緊急現地闘争

9・5自衛艦中東派兵阻止舞鶴緊急現地闘争

   に決起しよう

9月5日、舞鶴港より自衛艦「ふゆづき」の中東派兵がおこなわれます。アフガニスタンでのタリバンの勝利、アメリカ帝国主義がたたき出され、いっそう中国侵略戦争の危機が切迫しています。アフガニスタンでの邦人「救出」で、帝国主義として脆弱性をまざまざと見せつけられた菅政権は、ついに労働者人民の怒りの前で打倒され、辞任にした。支配階級の大混乱のもとで、誰が登場しようがいっそう改憲と戦争へのめり込む以外にありません。中東への自衛艦派兵もその一環です。闘う中東・アジア・全世界の労働者と連帯して、自衛艦中東派兵阻止の闘いに立ち上がろう。出発式を直撃する闘いに立ち上がろう。打倒された菅に替わって自民党内の政権たらい回しなど許さない。激化する世界の労働者階級の闘いと一つになって、この革命的情勢のチャンスを階級的労働運動、労働者階級の決起で、日本革命のチャンスにかえよう。その第一波が9・5舞鶴現地闘争だ。全力で決起しよう。9月陸上自衛隊大演習を阻止しよう。9月12日京都市内デモに決起しよう

◆9月5日(日) 午前9時45分 舞鶴市役所前

       午前10時10分 デモ出発

◆9月12日(日) 午後2時 三条河原(三条大橋下、鴨川河川敷)

◆主催:改憲・戦争阻止!大行進関西

20201129_1609162

20201129_160535

(写真は、2020年11月29日、自衛艦の中東派兵阻止舞鶴現地闘争)

 

| | コメント (0)

2021年9月 1日 (水)

星野絵画展

東大阪・八尾星野絵画展に来て下さい

◆9月5日(日)午前10時~午後4時 
 イコーラムギャラリー(若江岩田きらり6階)

◆9月6日(月)~10日(金)9時~診察時間内
 八尾北医療センター内 待合、廊下に展示

「命どぅ宝」人間が人間らしく生きられる社会へ
無実で獄中44年 星野文昭さんの獄死・国家犯罪を許さない
■戦争と改憲に突き進む菅政権を今すぐ倒そう
 星野文昭さんは、1971年、佐藤内閣の沖縄の基地を固定化する返還協定に反対して闘いました。72年の返還後も、沖縄では基地撤去を求め、辺野古では新基地建設に反対し、「命どう宝」のハチマキをしてたたかっています。
 今、日本政府は、中国への侵略戦争をあおり、奄美大島、宮古島、石垣島に陸上自衛隊のミサイル部隊を配置、今年9月~11月にかけて、島しょ部の有事を想定した陸上自衛隊14万人(ほぼ全員)を動員した大演習が計画されています。戦争になれば、基地のある沖縄が真っ先に標的化されるでしょう。再び沖縄が「矢面」に立たされています。
 今、「命よりも金もうけ」の新自由主義が全世界で破産しています。日本では、オリンピックを強行し、コロナで医療崩壊を生み出したあげく、検査態勢を強化せずにワクチンの事実上の強制で乗り切ろうとしています。今こそ団結して、「生きさせろ」の声を上げるときです。それが星野文昭さんがめざした、「人間が人間らしく生きられる社会」の第一歩です。労働者市民の皆さん、「もう一度生まれても 〝星野文昭〟 で生まれたい」という生き様と暁子さんの愛をご覧下さい。
 
__1_20210901001602
■星野絵画展とは 
 1987年最高裁で無期判決が確定し、以後30年間、徳島刑務所に収監されました。 星野さんは、無実を訴えて再審闘争をたたかいながら、徳島刑務所で絵画クラブに入り、水彩画を学び、約10年かけて自分の独房に水彩画の道具を入れる権利を勝ちとりました。2000年から月一枚のペースで、獄中結婚した連れ合いの暁子さんに、愛と反戦・反核のメッセージとして絵を宅下げし、暁子さんが詩をつけました。
 星野文昭さんの絵、暁子さんの詩は、全国各地で絵画展が開催され、延べ10万人以上動員し、大きな反響を呼びました。「星野さんは無実だ!」の声が高まる中、2017年四国更生保護委員会に仮釈放の申請を行いました。8月作業中に倒れ、「胃けいれん」として仕事を一日休めただけでした。2019年3月に腹部エコーで肝臓にガンがあることを発見したにもかかわらず、結果を星野さんに伝えませんでした。四国更生保護委員会が仮釈放申請不許可後、4月、陸路、東京都昭島市にある東日本成人矯正医療センターに移管されました。
 医療センターで8センチ×14センチの肝臓ガンが見つかりました。5月28日手術を行いましたが、その後なんの看護体制もなく放置され、翌日容体が悪化、星野さんは5月30日に亡くなりました。ガンを知りながら隠していた徳島刑務所、手術後充分な体制を取らず重体の星野さんを放置した医療センターの責任と真実を明らかにするため、暁子さんと兄弟は国家賠償訴訟を行っています。また星野さんの再審、また共に闘った大坂正明さんの裁判を闘います。労働者市民のみなさんの裁判へのご協力をお願いします。

 

   

| | コメント (0)

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »